良く使うアイテム|企業の業務を支えるアイテムの数々~環境に優しい中古パレット~

プラスチック容器とは~日常になじんでいる用品~

良く使うアイテム

プラスチック

身近にあるプラスチック容器

プラスチック容器は、身近なところにたくさん存在しています。コンビニエンスストアでは飲料が売られていますが、その多くがペットボトルに入っています。このペットボトルも、実はプラスチック容器の一種なのです。さらに、料理で使う油やお醤油なども、基本的にはプラスチック容器に入れて売られていますよね。食品類を入れるのにも適しているので、スーパーでも数多く見かけます。また、化粧品の類もプラスチック容器に入れられるパターンが多いです。軽くて丈夫で、形状変化が少なくて、しかも割れる可能性もほぼありません。携帯するのにも便利なので、使われるケースが多いということです。容器としてはこれ以上便利なものはないぐらいですから、今の時代には欠かせないアイテムとなっています。

ガスで変形しないプラスチック容器

容器の中には、すぐに形状が変化してしまうものも多いです。ガスや熱、衝撃を与えると変形してしまうものは、どうしても使いにくくなってしまいますよね。その点、プラスチック容器なら安心です。ガスが出てもほとんど変形せず、丈夫なので破裂する心配もほぼありません。大きな衝撃を与えても弾力性があるので、跳ね返すことができます。熱には弱いのですが、それでも物によっては100度以上の温度でも変形しない場合があります。ポリプロピレンで作られたものは、120度近くまで耐えることができるので、これなら熱湯を注ぎ込むことも可能になります。

デザインに迷ったら担当者と相談

自社の商品を入れるために使うプラスチック容器は、市販されているものを買って使うのではなくて、オリジナルなものを業者に作ってもらうのが普通です。その際には、一から仕様を決めて行かなければならないので大変ですよね。どの程度のサイズにするのかを決めるだけでも、かなり悩むことになるはずです。素材も色々な中から選べますし、軽さと耐久性のバランスも検討課題です。形状も割と自由に決めて行けるので悩ましいです。もしもデザインに迷ったら、製造業者の担当者と相談をしてみるといいでしょう。経験豊富な担当者なら、自社の商品にぴったりフィットする最善の形状を瞬時に提案してくれます。

実績の高い会社に製造を依頼しよう

プラスチック容器製造業者はいくつかありますが、どこもそれなりの実績があるので安心して任せられますよね。大きな機械が必要になるこの業界には、軽々しく新規参入をしてくるところがありません。経験豊富な老舗業者が多いので、最低限のクオリティを保っている業者であるなら、後は自分の好みで選んでいって大丈夫でしょう。