安くで買える品が良い|企業の業務を支えるアイテムの数々~環境に優しい中古パレット~

人気の品多数!コストを抑えて中古パレットを賢くゲット

良く使われる中古パレットの種類TOP3

no.1

軽量と格安が最も人気

軽量タイプの平パレットが最も流通しています。また、軽量タイプの中古品は数が多く格安で販売されていることが多いので、最も人気が高い種類です。軽量プラスチック素材でつくられ、片面使用、四方差しができるタイプのパレットです。

no.2

風通しの良い仕様のパレット

中古パレットで人気の高いタイプは、大の部分がメッシュタイプになっているプラスチックパレットものです。メッシュタイプかつプラスチックなので軽量でありつつ、通気性が良いという利点があります。片面仕様で四方差しが多いです。

no.3

かつての主流木材のパレット

軽量でプラスチックの中古パレットも人気が高いですが、かつては主流であり数の多かった木材のパレットも中古で人気が高いです。単なる木材のパレットではなく、燻蒸処理がなされたスタンプ付きが特に人気が高く、片面仕様の二方差しとなります。

安くで買える品が良い

パレット

中古ならコストも削減できる

荷物を載せるために必要となる台で、工場やトラック、コンテナに倉庫といった運送会社での荷役作業を簡単にするために使用されており、物流をうまく回すために不可欠なものがパレットです。物流の関係上、海外から自社では使用できないパレットが流入したり、破損したパレットが中古パレットとして売りに出されます。中古パレットのメリットの第一に上げられるものがコストを削減できるということです。新品でないので安く、ものによっては複数個セットで新品1個と同等の値段のこともあります。このほか、資源の有効活用などのメリットもあります。

プラスチック素材のものが主流

日本においては、かつては木製パレットが主流でしたが、現在では合成樹脂製のもの、つまりプラスチック素材のパレットが主流になっています。その理由としては、木製パレットに比べて、さらに強度や耐荷重量に優れていることと、そして破損が大幅に少ないということにあります。強度が優れているので、四方差しのものも生まれ使い勝手の良さもアップしています。さらに、木製のものに比べて湿気に強いことも理由のひとつです。かつて、木製パレットの使用に際して害虫による環境破壊を起こしたことがあり、そのことで主流から外れています。

素材によって特徴が変わる

パレットは、さまざまな素材によってつくられていますが、それぞれに素材の特長が現れています。まず、かつての主流であった木製のパレットは、強度や耐荷重量が優れており、生産や廃棄にかかるコストが少ないうえに、修理が容易という特徴があります。ただし、湿気には弱いです。プラスチックパレットは、木製よりも強度や耐荷重量に優れ、かつ湿気に強く利便性も高いという特徴があります。鉄やアルミニウムでつくられたパレットは、強度や耐荷重量は群を抜いていますが、コストが高めという特徴があり、紙製のパレットは強度は強くないですが、コストが安くスペースをとらない特徴があります。