適した業者を選ぶ|企業の業務を支えるアイテムの数々~環境に優しい中古パレット~

アルミ鋳物が製品開発を助ける~形状を自在に指定~

アルミ鋳物は便利!実際に発注した人の口コミを要チェック

砂型アルミ鋳物なら小ロットでも対応可

オリジナルアクセサリーを製造販売している者です。過去に自社生産していたアイテムの金型を恥ずかしながら紛失してしまったのですが、こちらに問い合わせたところ砂型アルミ鋳物で現物さえあれば良いとのことでしたので依頼しました。以前自社生産していたものと寸分違わない出来栄えでしたし、わざわざ金型を再生産するほどのロットでもなかったので、こちらでの迅速かつ丁寧なご対応に非常に満足しております。

適した業者を選ぶ

アルミ

アルミ鋳物なら自由自在に作れる

複雑な形状のものでも、アルミ鋳物なら自由自在に作ることができます。高熱によって溶けたアルミは、水のように鋳型の隅々まで流れ込んで行き、そこで固まります。砂で作った鋳型なら、割ってもいいですが水で洗い流してもいいでしょう。細い部分があっても傷を付けずに鋳型を外すことができるので、複雑な形状のものでも問題なく作れるのが特徴的です。アクセサリーを作るならそれほど頑丈さには気を使う必要がないかもしれませんが、工業用の部品を作るときには、耐久性や耐衝撃性が重要になります。工業用途にアルミはどうかと考える人も多いですが、その点も心配いりません。アルミダイキャストと呼ばれる新しい手法を使えば、車のパーツになり得るほど頑丈なものも作れます。

工場の規模や設備に注目して選ぶ

業者にアルミ鋳物の製造を依頼する際には、工場の規模には着目するのがいいでしょう。大きな工場を持っていて、最新鋭の設備を整えているところなら、複雑な形状のものを大量生産してもらうことも可能だからです。単品なら個人でやっているような小規模な業者でも構わないのですが、ある程度以上の個数が必要になるなら、工場の規模や設備の充実度は重要になってきます。本格的に大量生産用の部品としてアルミパーツが欲しいなら、まずは規模の大きな業者から問い合わせてみるのが妥当です。問い合わせて詳しく話を聞けば、そこが自分の目的に適合しているのかは判断ができます。

業者の納品実績を確認しよう

その業者がどこの会社と取引をしてきたのかも確認しておくと間違いを減らせます。大手自動車メーカーに納品している実績があるなら、多少は安心感が生まれるのではないでしょうか。安全性に問題があるなら、大手自動車メーカーはその業者を選ぶことがありません。このように、どこの会社と取引をして、どんなパーツを納品しているのかまで詳しく調べれば、外れを引いてしまうことはなくなりますね。納品実績は業者のホームページで大々的に公開されている場合もありますが、秘匿されている場合もあります。業界のパイプを使ってでも細部まで情報を仕入れておくのが、賢い方法になります。